堺市 借金返済 法律事務所

堺市在住の方がお金や借金の相談をするなら?

借金の利子が高い

借金の問題、債務の悩み。
お金の悩みは、自分一人だけではどうしようもない、深刻な問題です。
しかし、司法書士・弁護士などに相談するのも、ちょっと不安になったりする、という方も多いでしょう。
このサイトでは堺市で借金のことを相談するのに、オススメの法務事務所や法律事務所を紹介しています。
ネットで相談できるので、初めての相談でも安心です。
また、堺市の地元の法務事務所や法律事務所もいくつか載せているので、そちらも参考にどうぞ。

借金や債務整理の相談を堺市の人がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

堺市の借金返済の悩み相談なら、ここがオススメです。
弁護士が対応してくれる、全国対応の法律事務所です。
初期費用が0円なので、手持ちがなくても安心です。
料金の支払は、分割払いも可能。
弁護士への相談料金はもちろん0円!
借金取り立てのSTOPも可能です。
自己破産、個人再生、過払い金、任意整理、など、借金のことを無料で相談することができます。
しかも、無料相談窓口では365日24時間、いつでも受付してくれます。
フリーダイヤル(通話料金無料)で相談受付してくれるので、お金に困っている方も今スグ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国対応の、債務・借金の問題を相談できる司法書士事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、など、自分にピッタリのやり方で、どうにもならない借金問題を解決していきます。
また、過払い金の請求は初期費用0円で、取り戻した過払い金から費用を精算できます。
任意整理も、和解成功報酬・減額報酬などは一切取らないため、お得に解決することが可能です。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性でも安心です。
まずはお気軽に無料相談を。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

堺市在住の方が債務整理・借金の相談をするなら、まずコレもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という名の、インターネット上の診断ツール。
簡単な3つの質問に答えるだけで、借金を減らす方法や具体案、月々の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり弁護士や司法書士に直接相談するのは、少し気後れする。
そんな人にピッタリです。
しかも無料で、匿名で使えます☆
全国対応しているサービスなので、堺市の人も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金減額のための方法が分かる!
  • 毎月の返済額がいくらになるのか分かる!
  • 無料・匿名で利用できる!
  • 全国に対応!
借金問題を解決する第一歩として、無料診断ツール、試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の相談・診断を、無料&匿名で。



弁護士へ相談前の注意



他の堺市近くの法律事務所・法務事務所の紹介

他にも堺市には法律事務所や法務事務所があります。参考にしてください。


●堺けやき法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁4-27 小西ビル 5F
072-224-5654
http://keyaki-lo.com

●泉田法律事務所
大阪府堺市堺区新町4-7 材庄ビル 4F
072-222-1525
http://izuta-law.com

●五月法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁1-21 堺東八幸ビル 5F
072-221-1807
http://satsuki-law.gr.jp

●齋藤司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町3-3 ルネッサンスビル 5F
072-225-5101

●フォーゲル綜合法律事務所 堺事務所
大阪府堺市堺区新町4-7 材庄ビル 4F
072-232-5400
http://vogel-law.jp

●十三(司法書士法人)堺東事務所
大阪府堺市堺区中瓦町2丁3-23 堀ビル 4F
072-228-0084
http://13-office.jp

●はら(司法書士法人)
大阪府堺市堺区新町3-6
072-223-1560
http://hara-sakai-sihou.main.jp

●吉田法務事務所
大阪府堺市堺区向陵中町4丁4-1 三栄ビル3階
072-254-5755
http://office-yoshida.net

●シヴィル法律事務所 弁護士法人
大阪府堺市堺区南花田口町2丁3-20 住友生命堺東ビル3階
072-222-3120
http://civil.or.jp

●中谷優子司法書士事務所
大阪府堺市西区北条町1丁17-10
072-247-8820
http://office-nakatani.hp4u.jp

●松本司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町5-32 新町ビル 6F
072-221-5300
http://office-matsumoto.biz

●田中司法書士事務所
大阪府堺市堺区三国ヶ丘御幸通8
072-233-1167
http://tanaka-shihou.com

●岩井司法書士事務所
大阪府堺市堺区南瓦町1-19 グランビルド堺東301号
072-238-4500
http://legal-counselor.jp

●弁護士法人アディーレ法律事務所 堺支店
大阪府堺市 堺区戎島町4-45-1 ホテル・アゴーラリージェンシー堺 リージェンシープラザ1F
0120-316-742
http://sakai.adire.jp

●堺法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁4-27 小西ビル 6F
072-232-5188
http://sakai-law-office.jp

●堺総合法律事務所
大阪府堺市堺区一条通20-5 銀泉堺東ビルディング 6F
072-221-0016
http://sakaisogolaw.net

●関和男司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町5-4
072-222-3330
http://soseki.jp

●あい司法書士法人 堺事務所
大阪府堺市堺区北瓦町2丁1-19 たつみビル
072-222-4411
http://ai-shiho-shoshi.jp

地元堺市の法律事務所・法務事務所の門をたたき、直接相談するのもアリだと思います。
ですが、直接相談よりも、「診断シミュレーター」やインターネットでの無料相談の方が、手軽に気軽に相談できる方も多いのではないでしょうか。

借金返済に堺市で困っている人

借金を借りすぎて返せなくなる理由は、たいてい浪費とギャンブルです。
競馬やパチスロなど、依存性の高いギャンブルにのめり込み、借金をしてでもやってしまう。
そのうち借金はどんどん大きくなり、返済できない額に…。
もしくは、クレジットカードで高級品やブランド物を大量に買い続け、借金も日増しに多くなる。
模型やカメラなど、無駄にお金のかかる趣味につぎ込んでしまうのも、浪費の内に入るでしょう。
自分がこさえた借金は、返す必要があります。
しかしながら、高い金利ということもあり、返済するのが容易にはいかない。
そういった時にありがたいのが、債務整理。
弁護士や司法書士に相談し、借金問題の解消に最良のやり方を探し出しましょう。

堺市/任意整理のデメリットって?|借金返済

借り入れの支払いをするのが滞りそうに場合は出来るだけ早急に対策を練りましょう。
放ったらかしていると更に金利は莫大になっていくし、困難解決は一段と出来なくなります。
借入の返却がきつくなったときは債務整理がとかく行われますが、任意整理もまたしばしば選ばれる方法の1つだと思います。
任意整理の場合は、自己破産のように大切な資産をそのまま維持したまま、借入れの減額が可能でしょう。
そうして職業または資格の抑制も有りません。
良さがいっぱいな手法とも言えるのですが、もう一方ではデメリットもありますから、不利な点に関しても今1度考慮していきましょう。
任意整理の欠点としては、先ず借入れがすべてチャラになるというのではないことをしっかり認識しておきましょう。
縮減をされた借金はおよそ三年程度の間で完済を目安にするので、きちっと返済のプランを考えて置く必要があるでしょう。
あと、任意整理は裁判所を通さなくて債権者と直に話し合いをすることができるのですが、法の見聞が無い初心者では上手く協議が出来ない時もあります。
さらには不利な点としては、任意整理をした時はそのデータが信用情報に記載される事となるので、いわばブラックリストと呼ばれる状況です。
その結果任意整理を行ったあとは大体5年〜7年程度の間は新しく借り入れを行ったり、カードを新しく創ることは出来なくなります。

堺市|自己破産にはどんなリスクがあるの?/借金返済

率直に言えば社会一般で言われる程自己破産のリスクは少ないのです。土地、高価な車、マイホームなど高価な物は処分されますが、生きるうえで必ず要る物は処分されません。
又二十万円以下の蓄えも持っていてもよいのです。それと当面数ケ月分の生活する為に必要な費用一〇〇万円未満なら持って行かれることは無いです。
官報に破産者のリストとして載るがこれも一部の人しか見ないです。
また世に言うブラックリストに記載され7年間の間はローン・キャッシングが使用不可能な情況となるが、これは仕方ない事なのです。
あと定められた職種に就職出来なくなることが有ります。しかしながらこれも極特定の限られた範囲の職種なのです。
したがって債務超過で返す事のできない借金を抱えこんでるのであれば自己破産を実行するのも1つの方法です。自己破産を実施すればこれまでの借金が全て帳消しになり、新たな人生をスタートするという事で利点の方がより多いと思います。
また自己破産者は公法上の資格制限として弁護士・司法書士・税理士・公認会計士等の資格は取り消されるのです。私法上の資格制限として後見人、遺言執行者、保証人にもなれないのです。又会社の取締役等にもなれないでしょう。ですがこれらのリスクはおおよそ関係がないときが多いのではないでしょうか。リスクは余り大きな物じゃないはずです。